矯正歯科・床矯正

診療科目subject
医院メニューmenu
求人募集recruit

当院の矯正(歯並び、噛み合わせ)治療について

メニュー

床装置(マウスピース型)を使用した矯正治療

顎の骨の成長を利用してよい歯並びに誘導します

床装置を使う治療では、基本的には永久歯を抜歯せずに、顎の骨の成長を促して、歯の並ぶスペースを確保します。顎の骨の成長期(7~12才位まで)に行います。

 

写真の様なネジ付き装置で少しづつ(1ヶ月約1mm)顎を広げて、正しい位置に誘導します。補助的に形状記憶合金のワイヤーを使うこともあります。 また、噛む運動、食事環境の指導、悪習慣の除去等を組み合わせ、歯の土台となる骨の正常な発育を促すことにより、顔の形も整えます。

永久歯の前歯の歯並びを「おかしい」と感じた時が治療の開始時期です

様子を見ていたら、発育不足の萎縮した顔になってしまいます。 「おかしい」と感じたら、様子を見ていないで、すぐに治療を開始しましょう。

 

顔の骨、顎の骨の発育
男女共に6歳頃までに顔の骨の80%が完成。 10~12歳にかけて再び発育、女子の方が成長のタイミングが速く、12歳頃までにほぼ発育が終了します。

基本的に永久歯を抜かずに歯列を正常な大きさまでに拡大して歯並びを整えます

発育不足の狭い歯列を歯の並ぶ正常な大きさに拡大することにより、又、「咬む」という運動刺激を顎の骨に加える事により、顔の骨格の発育がうながされ、本来あるべき正しい顔の形に整えられます。人が発育しようとする自然の力をも利用した矯正なのです。

デーモンシステム

 

デーモンシステムは、ブラケットとワイヤーの間の摩擦抵抗が従来の装置と比較して格段に少なくなっており、これまでの矯正治療に比べてより早く、より快適に歯並びを治すことができます。

歯並びの種類と治療例

さまざまな歯列の矯正に実績があります。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

小学校高学年から中学生にかけて、大人の奥歯が生えてきます。 この頃、歯並びが凹凸になったり、犬歯が飛び出したりすることがあります。虫歯や歯周病、歯肉の腫れ、口臭の原因にもなります。

空隙歯列弓(すき歯)

顎が大きかったり、歯の幅が小さい場合に起こります。 歯の間が開いていて歯列にすき間ができています。

上顎前突(出っ歯)

前歯が生えてしばらくすると、上の歯が目立つことがあります。 出っ歯は転んだときやボールをぶつけて歯が折れることがあり、唇を切ることもあります。

開咬

奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わず、口が開いていることがあります。 そのため食べ物を噛み切れなかったり、発音時に息がもれることもあります。口で呼吸する癖がつてしまい健康にもよくありません。

反対咬合(うけ口)

小学校入学頃になると、大人の前歯が生えてきます。 この時期に、普通とは反対に下の前歯が前に生えてくることがあります。 放置しておくと下の前歯がぐらついたり、下あごが成長しすぎて顔の変形が起こることもあります。

矯正治療の流れ

早く始めて、早く健康的で美しい歯並びに。もちろんご相談は無料です。

1.問診

まずは「患者さんが一番気にしていること」の確認をします。

 

主訴の改善にはどんな治療が考えられ、どの時期にどのくらいの期間装置をつけ、そして料金がどのくらいなのか、大まかな流れをお話ししています。

 

もっとも、正確には検査をした上で決定する事柄ですが、無料相談の段階で、ある程度治療がどのようなものになるのか、ご理解していただけるよう努めています。

 

いきなり有料の精密検査を勧められても、身構えてしまうのが、心情だと思います。

 

無料相談は、気軽に矯正治療のことに関心を持っていただきたい、そして概要をご理解の上納得して診療を受けていただきたい、そんな当クリニックの考えから、実践しています。

2.検査・診断

模型診査、レントゲン診査、写真診査、および問診表から、どのような治療になるか、診断いたします。

 

分析結果は、画像をご覧いただきながら説明いたします。

 

この際、治療期間と料金を提示いたしますので、ご理解いただいた上で治療を希望されるか決めていただきます。

 

なお料金の分割でのお支払いも承っておりますので、お気軽にお尋ねください。

3.動的治療

装置には様々なものがあり一概には言えませんが、多くの場合月に一度調節に来院していただきます。

 

特に固定式のワイヤーを用いて歯を移動している場合は、効率的に治療を行うのに月に一度の調節が必要です。

 

また、装置が入っていると、普段がんばって歯磨きしていても汚れがつきやすいものです。

 

当院では、来院ごとにこうした取りきれていない汚れを除去しつつ、普段の歯磨きの再確認とアドバイスを行い、矯正装置を付けたことで虫歯になったりしないように注意しています。

 

また、以前に比べて材料が良くなっており、歯の移動にかかる時間がだいぶ短くなっています。

 

さらに固定式ワイヤーを付けている期間を短縮できるように、治療計画を立てていますので、ワイヤーを付けている時間は大部分の症例で約2年くらいです。

4.保定

きれいに歯が並んだら、それでおしまいではありません。

 

歯は動かすとその位置に落ち着くのに、2~3年はかかります。

 

歯の周りの組織が新しい環境になじむまで、主に取り外しのできる装置を使用します。

 

この段階では歯の移動は終了していますので、来院は毎月ではなく、取り扱いに慣れたら半年に一度程度です。

費用の目安

名 称 費 用(税込)
部分治療(初期治療) 300,000円~
本格治療(初期治療含む) 600,000円~
床矯正(片額)・部分矯正 100,000円~
第1期治療(30万)

5~12才位、顎の骨の成長期に、顎の骨の適切な成長を促す治療を行います。 主にマウスピース型の装置を使用します。八重歯、受け口、出っ歯等を成長に伴って重度になる前に改善します。様々な疾患の原因になる、口呼吸、鼻ずまりも改善できます。ほとんどのケースで第1期治療により、顕著な改善がみられますが、重度のケースでは第2期治療が必要になる場合があります。

第2期治療(40万)

12才位~、永久歯の歯並び、噛み合わせの改善する治療です。主にブラケット、ワイヤーを使用します。

部分治療(25万~)

前歯のみ、奥歯のみ等の限定した部分の治療です。ブラケット、ワイヤー、マウスピースを使用します

インビザライン(80万)

無色透明のマウスピースを使用します。ブラケット、ワイヤーは使用しません。 目立たないように治療をされたい方に向いています。マウスピースは着脱式なのでブラッシングがしやすいです。

保定装置(リテーナー)

装置を外した直後は、まだ歯が不安定で後戻りしやすいです。噛み合わせが安定するまで保定装置を使って頂きます。保定装置には固定式のもの、取り外し式のものがあります。いずれも目立たないものです。

症例集

当院では矯正治療の相談にこられた方には矯正開始から終了までのイメージを持ってもらうために写真を使いながら説明を行っております。この写真での説明がとても評判のため、こちらにて簡単な症例をまとめたものを掲載しました。

※矯正途中のものも掲載しています。

症例001

症例002

症例003

症例004

症例005

症例006

症例007

症例008

症例009

症例010

症例011

症例012

症例013

症例014

症例015

症例016

症例017

症例018

症例019

症例020

症例021

症例022

症例023

症例024

症例025

症例026

症例027

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
診療時間time
 
午前
午後

午前=10:00-13:00,
午後=15:00-19:30

土曜日は18時まで

受付

診療終了時間30分前まで

休診日

水曜、日曜、祝日

予約電話番号

046-265-6480

〒242-0005

大和市西鶴間3-1-8 マルエツ2F